*

マグダラで眠れ(5)

「人は所詮その手の理不尽に翻弄され、あがく身の上だ」
「……」
「だが、その理不尽の嵐の中で、自分の望むものをつかもうとするから楽しいんだよ」

眠らない錬金術師と噂される青年クースラと、秘密を抱える修道女フェネシスが、「マグダラ」を探し求めるシリーズの第五弾。カザンの町から脱出し、たどり着いた港町ニールベルクでは、教会の鐘楼が作るたびに壊れてしまうという問題が生じていた。民の支えとなる鐘の製造を失敗することが、許されない状況となる中、クースラたちに鐘の製造の役目が回ってきて……というお話。

いやあ、良かった。錬金術師としてマグダラを目指していたクースラに迷いが生じていく過程が、何とも言えない。大切な人ができたからこその迷いは、時に目を曇らせることもあったけれど、そこで支えとなってくれるのがフェネシスであるという関係が素敵。彼女はいつのまにかたくましくなったよなあ。

そんなふたりなのに、いまだ決定的な言葉を交わしてないというあたりが、まったくもう!言わないし、言わせない、だけど、離れない、離さない。絶妙な距離感でした。

で、最大のピンチを切り抜けたと思ったら、今度は町の中の問題に関わることになり、これがやっかいなのは、「奇跡」に応えてしまったこと、なんですよね。一度やったならば、次やらないことには出し惜しみとしてみられ、持ち上げていた人たちが不満を持つようになると……職人でないにもかかわらず、鐘を製造しなければならない、それも失敗が許されない状態で。

かわそうとして、それができなくなった時、こういう時代だからこその「生贄」という行為が、前に出てきてしまったことが、悔まれてならないよなあ。

いつのまにか、上司たるアイルゼンが良き理解者となって(むろん自分の立場は忘れてないけど)、いくつかの道を示してくれたけれど、結局逃げることができなかったのは、錬金術師であるということよりも、錬金術が好きだと言う思いがあったからで。自分の迷いがどこにあるかを見せてくれたのは、迷いのきっかけとなったフェネシスだったというのが良かった。

まるで最終巻かと思うような展開だったけれど、どうやらまだ話は続くようです。良かった。これからの旅路がどうなっていくのか。二人の関係の変化共々楽しみです。

マグダラで眠れ (5) (電撃文庫) - 支倉凍砂

AdSense

関連記事

れでぃ×ばと!(4) / 上月司

夏休みも半分を過ぎたころ、秋晴は耳を疑うような言葉を、朋美から聞いた。デートしましょう、と。きっと何

記事を読む

かのこん(5) 〜アイをとりもどせ!〜

耕太は二年に、ちずるは三年に無事進級したけれど、ふたりの付き合いに変わりはない。相変わらずいちゃいち

記事を読む

アウトニア王国再興録5 でたまか 青天霹靂篇

帝国は割れた。皇帝率いるマルス家と前皇帝率いるディア家と。 マイア家を取り込むことができれば、決着が

記事を読む

パラケルススの娘(10) 永遠に女性的なるもの / 五代ゆう

「ここから先は、本当に—お前、独りになる」 「違うよ、ジンジャー」 はっきりと、遼太郎は言った。

記事を読む

虚攻の戦士 偽リノ剣、穢レタ鎧 / 神野オキナ

舞矢は自分のことをどう思っているのだろう。確かめたいけれど、自分が望むような結果が出なかったらと思う

記事を読む

双帝興亡記 戦塵外史 六 / 花田一三六

「これから慌ただしくなろう。戦もつづくに違いない。あるいは志半ばで―」 「陛下」 無礼を承知で一

記事を読む

魔法学園の天匙使い / 小泊フユキ

「ブルン。本当にあの上位陣に勝つ気?」 「スプーン天匙の理念は人をすくうことと、匙を投

記事を読む

コンビネーション / 谷山由紀

「だからぼくだって、名倉さんのために野球やるつもりないです。サインが出ればバントもします。空振り

記事を読む

あきれてものも言えねえぜ!  魔術士オーフェン・無謀編(5)

「聞きたい!?」 「ううんと……まあ……いや、でも、ちょっと待って。少し考えさせてね」 「聞きた

記事を読む

夏祭りに妖狐は踊れ

不幸の手紙というべきものがクラス中、学校中に広まっていた。 そして手紙を受け取った人が妖狐を見たとい

記事を読む

AdSense

その女、小悪魔につきー。

近いのに遠い、そんな距離。
年上で小悪魔な彼女と、年下で天の邪鬼な彼。そんなふたりが繰り広げるやり取りが最高でした。ニヤニヤが止まらない。→感想

PAGE TOP ↑