*

マグダラで眠れ(5)

「人は所詮その手の理不尽に翻弄され、あがく身の上だ」
「……」
「だが、その理不尽の嵐の中で、自分の望むものをつかもうとするから楽しいんだよ」

眠らない錬金術師と噂される青年クースラと、秘密を抱える修道女フェネシスが、「マグダラ」を探し求めるシリーズの第五弾。カザンの町から脱出し、たどり着いた港町ニールベルクでは、教会の鐘楼が作るたびに壊れてしまうという問題が生じていた。民の支えとなる鐘の製造を失敗することが、許されない状況となる中、クースラたちに鐘の製造の役目が回ってきて……というお話。

いやあ、良かった。錬金術師としてマグダラを目指していたクースラに迷いが生じていく過程が、何とも言えない。大切な人ができたからこその迷いは、時に目を曇らせることもあったけれど、そこで支えとなってくれるのがフェネシスであるという関係が素敵。彼女はいつのまにかたくましくなったよなあ。

そんなふたりなのに、いまだ決定的な言葉を交わしてないというあたりが、まったくもう!言わないし、言わせない、だけど、離れない、離さない。絶妙な距離感でした。

で、最大のピンチを切り抜けたと思ったら、今度は町の中の問題に関わることになり、これがやっかいなのは、「奇跡」に応えてしまったこと、なんですよね。一度やったならば、次やらないことには出し惜しみとしてみられ、持ち上げていた人たちが不満を持つようになると……職人でないにもかかわらず、鐘を製造しなければならない、それも失敗が許されない状態で。

かわそうとして、それができなくなった時、こういう時代だからこその「生贄」という行為が、前に出てきてしまったことが、悔まれてならないよなあ。

いつのまにか、上司たるアイルゼンが良き理解者となって(むろん自分の立場は忘れてないけど)、いくつかの道を示してくれたけれど、結局逃げることができなかったのは、錬金術師であるということよりも、錬金術が好きだと言う思いがあったからで。自分の迷いがどこにあるかを見せてくれたのは、迷いのきっかけとなったフェネシスだったというのが良かった。

まるで最終巻かと思うような展開だったけれど、どうやらまだ話は続くようです。良かった。これからの旅路がどうなっていくのか。二人の関係の変化共々楽しみです。

マグダラで眠れ (5) (電撃文庫) - 支倉凍砂

AdSense

関連記事

エアリエル(3) 〜偽りの黒い椿〜 / 上野遊

「もしかしてミリアムは……僕と……キスしたことを後悔してるとか……」 大陸の南端に位置するス

記事を読む

猫にはなれないご職業

「安心しろ、鍋島の化け猫なんぞと違って高尚な猫又たる吾輩は人なぞとって喰わん。ちと頼みごとを

記事を読む

聖剣の刀鍛冶 #6.New World

「だが、それでも」 セシリーは震える手で握り拳を作った。大して握力の込められない、ひ弱な拳

記事を読む

東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる / 森橋ビンゴ

最近はどういうわけか、会話するのもぎこちない。きっと東雲はスランプで苦しんでるんだろうと思うと、

記事を読む

ランブルフィッシュ(10) 学園炎上終幕編 / 三雲岳斗

四機のレイド・フレーム同士で戦うサバイブ。 フェニックスと戦いでメイヘムは沈黙した。操縦していた天才

記事を読む

クジラのソラ 01

地球を征服した異星人が提供した「ゲーム」は、一チーム三人のプレイヤで 256隻の艦隊を操り戦う戦略ゲ

記事を読む

うれしの荘 片恋ものがたり ひとつ、桜の下

初めて寮へ向かうその道で、桜の下に立つ彼女 ― 本多瀬名さんを見かけて、僕は恋に落ちた。しかも彼女も

記事を読む

ダークエルフの口づけ ソード・ワールド・ノベル / 川人忠明

幼いころ、アマデオの村は、ダークエルフの一味に襲われた。村人はみな殺され、逃げ出したアマデオも見つか

記事を読む

氷結鏡界のエデン(2) 禁断水晶 / 細音啓

「……あいにくわたしには話が見えないんだが」 怪訝な面持ちでじっとこちらを見すえる彼女。 「ええ

記事を読む

座敷童にできるコト

身寄りが無い高校生、克喜は、高校進学と同時に寮へ入ることになった。 新しい生活が始まる……。そんな期

記事を読む

AdSense

その女、小悪魔につきー。

近いのに遠い、そんな距離。
年上で小悪魔な彼女と、年下で天の邪鬼な彼。そんなふたりが繰り広げるやり取りが最高でした。ニヤニヤが止まらない。→感想

PAGE TOP ↑