*

マグダラで眠れ(5)

「人は所詮その手の理不尽に翻弄され、あがく身の上だ」
「……」
「だが、その理不尽の嵐の中で、自分の望むものをつかもうとするから楽しいんだよ」

眠らない錬金術師と噂される青年クースラと、秘密を抱える修道女フェネシスが、「マグダラ」を探し求めるシリーズの第五弾。カザンの町から脱出し、たどり着いた港町ニールベルクでは、教会の鐘楼が作るたびに壊れてしまうという問題が生じていた。民の支えとなる鐘の製造を失敗することが、許されない状況となる中、クースラたちに鐘の製造の役目が回ってきて……というお話。

いやあ、良かった。錬金術師としてマグダラを目指していたクースラに迷いが生じていく過程が、何とも言えない。大切な人ができたからこその迷いは、時に目を曇らせることもあったけれど、そこで支えとなってくれるのがフェネシスであるという関係が素敵。彼女はいつのまにかたくましくなったよなあ。

そんなふたりなのに、いまだ決定的な言葉を交わしてないというあたりが、まったくもう!言わないし、言わせない、だけど、離れない、離さない。絶妙な距離感でした。

で、最大のピンチを切り抜けたと思ったら、今度は町の中の問題に関わることになり、これがやっかいなのは、「奇跡」に応えてしまったこと、なんですよね。一度やったならば、次やらないことには出し惜しみとしてみられ、持ち上げていた人たちが不満を持つようになると……職人でないにもかかわらず、鐘を製造しなければならない、それも失敗が許されない状態で。

かわそうとして、それができなくなった時、こういう時代だからこその「生贄」という行為が、前に出てきてしまったことが、悔まれてならないよなあ。

いつのまにか、上司たるアイルゼンが良き理解者となって(むろん自分の立場は忘れてないけど)、いくつかの道を示してくれたけれど、結局逃げることができなかったのは、錬金術師であるということよりも、錬金術が好きだと言う思いがあったからで。自分の迷いがどこにあるかを見せてくれたのは、迷いのきっかけとなったフェネシスだったというのが良かった。

まるで最終巻かと思うような展開だったけれど、どうやらまだ話は続くようです。良かった。これからの旅路がどうなっていくのか。二人の関係の変化共々楽しみです。

マグダラで眠れ (5) (電撃文庫) - 支倉凍砂

AdSense

関連記事

つどうメイク・マイ・デイ フルメタル・パニック! / 賀東招二

死ななかったのは奇跡に近い。そう言われるほど、宗介の身体は衰弱していたが、かなめを取り戻す決意に変わ

記事を読む

デュラララ!!× 3

切り裂き魔の犯行は止まったが、仲間を斬った奴は許せないと、黄巾賊へ戻る決意をした正臣だが、それは逃避

記事を読む

秋葉少年

路地裏でドレッド男と鼻ピアスと坊主頭に囲まれて、清は殴られ、フィギュアは壊され、お金を奪われた。 ―

記事を読む

ホーンテッド!(4)

死んだ人間の約 1割がゴーストとして蘇る世界。 人手の足りない演劇部の手伝いのため、高校生の悠紀と

記事を読む

蒼穹のカルマ(1)

「……でも」 「ん?」 「………………私のねえさまの方が、格好いい」 大地に嫌われ空に生きる

記事を読む

乃木坂春香の秘密(3) / 五十嵐雄策

実に普通の日だった。放課後を迎えるまでは。それは春香の誕生日。 サプライズパーティをする、と妹の美夏

記事を読む

スプライトシュピーゲルⅢ いかづちの日と自由の朝 / 冲方丁

複数の高官暗殺、大型兵器の都市流入、広範囲にわたる襲撃、ウィルスによる電子テロ計画、その全てが二十四

記事を読む

SH@PPLE ―しゃっぷる(5)―

「それでね、一駿河蜜さん。これはあたくしの勝手なわがままなのだけれど……その無謀な背伸びを、あな

記事を読む

世界平和は一家団欒のあとに / 橋本和也

父、母、姉二人、俺、妹二人、弟一人。全員が全員ちょっとした能力を持っていて、さらには世界の危機に巻き

記事を読む

バッカーノ!1932‐Summer―man in the killer

「いいか、小僧。殺し屋になる奴なんてのは、最初から最後までどうしようもなく狂気に捕らわれてる

記事を読む

AdSense

その女、小悪魔につきー。

近いのに遠い、そんな距離。
年上で小悪魔な彼女と、年下で天の邪鬼な彼。そんなふたりが繰り広げるやり取りが最高でした。ニヤニヤが止まらない。→感想

PAGE TOP ↑