*

マグダラで眠れ(5)

「人は所詮その手の理不尽に翻弄され、あがく身の上だ」
「……」
「だが、その理不尽の嵐の中で、自分の望むものをつかもうとするから楽しいんだよ」

眠らない錬金術師と噂される青年クースラと、秘密を抱える修道女フェネシスが、「マグダラ」を探し求めるシリーズの第五弾。カザンの町から脱出し、たどり着いた港町ニールベルクでは、教会の鐘楼が作るたびに壊れてしまうという問題が生じていた。民の支えとなる鐘の製造を失敗することが、許されない状況となる中、クースラたちに鐘の製造の役目が回ってきて……というお話。

いやあ、良かった。錬金術師としてマグダラを目指していたクースラに迷いが生じていく過程が、何とも言えない。大切な人ができたからこその迷いは、時に目を曇らせることもあったけれど、そこで支えとなってくれるのがフェネシスであるという関係が素敵。彼女はいつのまにかたくましくなったよなあ。

そんなふたりなのに、いまだ決定的な言葉を交わしてないというあたりが、まったくもう!言わないし、言わせない、だけど、離れない、離さない。絶妙な距離感でした。

で、最大のピンチを切り抜けたと思ったら、今度は町の中の問題に関わることになり、これがやっかいなのは、「奇跡」に応えてしまったこと、なんですよね。一度やったならば、次やらないことには出し惜しみとしてみられ、持ち上げていた人たちが不満を持つようになると……職人でないにもかかわらず、鐘を製造しなければならない、それも失敗が許されない状態で。

かわそうとして、それができなくなった時、こういう時代だからこその「生贄」という行為が、前に出てきてしまったことが、悔まれてならないよなあ。

いつのまにか、上司たるアイルゼンが良き理解者となって(むろん自分の立場は忘れてないけど)、いくつかの道を示してくれたけれど、結局逃げることができなかったのは、錬金術師であるということよりも、錬金術が好きだと言う思いがあったからで。自分の迷いがどこにあるかを見せてくれたのは、迷いのきっかけとなったフェネシスだったというのが良かった。

まるで最終巻かと思うような展開だったけれど、どうやらまだ話は続くようです。良かった。これからの旅路がどうなっていくのか。二人の関係の変化共々楽しみです。

マグダラで眠れ (5) (電撃文庫) - 支倉凍砂

AdSense

関連記事

烙印の紋章(4) 竜よ、復讐の爪牙を振るえ

「王女」 「は、はい」 なぜかこうして正面から向き合うと、ビリーナの小さな胸がざわめいた

記事を読む

天使の飼い方・しつけ方 3 このあとスタッフが全力でもふもふいたしました / 淺沼広太

天使のセラと悪魔のイデルが仲良く同居しているひかるの家に、仕事で家を離れていた父親が帰ってきた。守護

記事を読む

101番目の百物語(6)

「フェアだと思うよ、そういうの。お兄さんたちは、百物語を集めて『来るべき時』に私に挑む。私は

記事を読む

ブライトレッド・レベル 2

追われる身となった愛姫と樒は、今日もまたウルスからの追っ手を倒した。これで九人の戦闘員を失ったウルス

記事を読む

15×24 link four Riders of the Mark Ciry / 新城カズマ

「それから、気に入ったってのはおめえの参謀としての能力じゃねえ。肝がすわってるとか、頭が切れ

記事を読む

神様ゲーム 4 カミハダレトオドルベキ

羽黒花南に裏切られた。たった一言で終わる現実だが、信じていた相手だっただけに衝撃が強すぎた。 でもこ

記事を読む

メイド刑事(7)

「皆さんを、ここに集めていただけますかな」 「まさか、もう犯人が分かったので?」 松浦は驚いたよ

記事を読む

けんぷファー(10)1/2

「なあ会長……」 「なあに?」 「どうしてあんなことすんだ」 「どんなこと?」 「その……足で」

記事を読む

陰陽ノ京 巻の五 / 渡瀬草一郎

とある下級官僚の家に、盗賊が入ったという。母屋が全壊するほどの風が吹き荒れたということで、ひょっとし

記事を読む

彼女はつっこまれるのが好き!(2)

「たしかに、ファンの方々に言っていただける『好き』をいちいち気にしていたらキリがないですけど

記事を読む

AdSense

リーングラードの学び舎より(1)

「義務教育推進計画」で教師を命じられた王国屈指の術式師が、生徒と共に成長していく物語。決して熱い先生ではないのに、読み終わると熱いものが残る。そんな教育のお話でした。築かれる信頼関係が素敵です。→感想

PAGE TOP ↑