*

マグダラで眠れ(5)

「人は所詮その手の理不尽に翻弄され、あがく身の上だ」
「……」
「だが、その理不尽の嵐の中で、自分の望むものをつかもうとするから楽しいんだよ」

眠らない錬金術師と噂される青年クースラと、秘密を抱える修道女フェネシスが、「マグダラ」を探し求めるシリーズの第五弾。カザンの町から脱出し、たどり着いた港町ニールベルクでは、教会の鐘楼が作るたびに壊れてしまうという問題が生じていた。民の支えとなる鐘の製造を失敗することが、許されない状況となる中、クースラたちに鐘の製造の役目が回ってきて……というお話。

いやあ、良かった。錬金術師としてマグダラを目指していたクースラに迷いが生じていく過程が、何とも言えない。大切な人ができたからこその迷いは、時に目を曇らせることもあったけれど、そこで支えとなってくれるのがフェネシスであるという関係が素敵。彼女はいつのまにかたくましくなったよなあ。

そんなふたりなのに、いまだ決定的な言葉を交わしてないというあたりが、まったくもう!言わないし、言わせない、だけど、離れない、離さない。絶妙な距離感でした。

で、最大のピンチを切り抜けたと思ったら、今度は町の中の問題に関わることになり、これがやっかいなのは、「奇跡」に応えてしまったこと、なんですよね。一度やったならば、次やらないことには出し惜しみとしてみられ、持ち上げていた人たちが不満を持つようになると……職人でないにもかかわらず、鐘を製造しなければならない、それも失敗が許されない状態で。

かわそうとして、それができなくなった時、こういう時代だからこその「生贄」という行為が、前に出てきてしまったことが、悔まれてならないよなあ。

いつのまにか、上司たるアイルゼンが良き理解者となって(むろん自分の立場は忘れてないけど)、いくつかの道を示してくれたけれど、結局逃げることができなかったのは、錬金術師であるということよりも、錬金術が好きだと言う思いがあったからで。自分の迷いがどこにあるかを見せてくれたのは、迷いのきっかけとなったフェネシスだったというのが良かった。

まるで最終巻かと思うような展開だったけれど、どうやらまだ話は続くようです。良かった。これからの旅路がどうなっていくのか。二人の関係の変化共々楽しみです。

マグダラで眠れ (5) (電撃文庫) - 支倉凍砂

AdSense

関連記事

鍛冶師ですが何か!

「なぜ、鍛冶師に武術の修練が必要なの? ボクもその理由が知りたかったんだ。しかも、驍廣の

記事を読む

放課後の魔術師(5) スパイラル・メッセージ

「説明している暇がない。大丈夫」 播機さんを見る。 「君は、必ず僕が守るから」 同じ年の教師

記事を読む

征服娘。 / 神楽坂淳

妾腹の子とはいえ、貴族の中でも名門のコントラーリ家の末娘として生まれ、何ひとつ不自由せずに生きてきた

記事を読む

あそびにいくヨ!(7) とってもあついのキャーティアシップ / 神野オキナ

「シチュエーションを変えるのよ」 艦長の一言から始まったキャーティアシップへの招待。 行くことになっ

記事を読む

パレドゥレーヌ 薔薇の守護

十年続いている冷害、世継ぎである王子の失踪、さらに王がこの世を去った。度重なる不幸に見舞われた王家だ

記事を読む

銀盤カレイドスコープ vol.4 リトルプログラム:Big sister but sister

桜野ヨーコ。あの世界トップレベルの(そして悪名で有名な)桜野タズサの妹。 姉と同じフィギュアスケー

記事を読む

伊佐と雪 〜やさしいよる〜

修験者を志す高校生の袴田は、転校先のクラスメイトで人とは異なるものがいるのを見つけた。自身の力の限り

記事を読む

BLACK BLOOD BROTHERS(6) ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 九牙集結― / あざの耕平

カンパニーから追放されて半年。方法は違えど、皆が目指すところは同じだと信じながら、ミミコはもぐりの調

記事を読む

はにかみトライアングル(3) / 五十嵐雄策

九月に入った矢先に瑞葉と名乗る一人の女性がさくらを迎えに来た。今年の儀式をやる時期だと。 面倒くさそ

記事を読む

オルキヌス(4) 稲朽深弦の調停生活 / 鳥羽徹

「私は秋永壱里を目指してなんかない。私が目指しているのは最高の調停員だけだ」 この島に来て以来、

記事を読む

AdSense

災いの魔女と幸いの王

暗殺に向かない体質の魔女アリシアが、初めての暗殺に向かう話。暗い話かと思ったら、とんでもない。標的と二人で困難を乗り越えていく冒険に、たまらなくワクワクさせられました。「災い」と「幸い」が重なった時に生まれる素敵な物語です。→感想

PAGE TOP ↑