*

マグダラで眠れ(5)

「人は所詮その手の理不尽に翻弄され、あがく身の上だ」
「……」
「だが、その理不尽の嵐の中で、自分の望むものをつかもうとするから楽しいんだよ」

眠らない錬金術師と噂される青年クースラと、秘密を抱える修道女フェネシスが、「マグダラ」を探し求めるシリーズの第五弾。カザンの町から脱出し、たどり着いた港町ニールベルクでは、教会の鐘楼が作るたびに壊れてしまうという問題が生じていた。民の支えとなる鐘の製造を失敗することが、許されない状況となる中、クースラたちに鐘の製造の役目が回ってきて……というお話。

いやあ、良かった。錬金術師としてマグダラを目指していたクースラに迷いが生じていく過程が、何とも言えない。大切な人ができたからこその迷いは、時に目を曇らせることもあったけれど、そこで支えとなってくれるのがフェネシスであるという関係が素敵。彼女はいつのまにかたくましくなったよなあ。

そんなふたりなのに、いまだ決定的な言葉を交わしてないというあたりが、まったくもう!言わないし、言わせない、だけど、離れない、離さない。絶妙な距離感でした。

で、最大のピンチを切り抜けたと思ったら、今度は町の中の問題に関わることになり、これがやっかいなのは、「奇跡」に応えてしまったこと、なんですよね。一度やったならば、次やらないことには出し惜しみとしてみられ、持ち上げていた人たちが不満を持つようになると……職人でないにもかかわらず、鐘を製造しなければならない、それも失敗が許されない状態で。

かわそうとして、それができなくなった時、こういう時代だからこその「生贄」という行為が、前に出てきてしまったことが、悔まれてならないよなあ。

いつのまにか、上司たるアイルゼンが良き理解者となって(むろん自分の立場は忘れてないけど)、いくつかの道を示してくれたけれど、結局逃げることができなかったのは、錬金術師であるということよりも、錬金術が好きだと言う思いがあったからで。自分の迷いがどこにあるかを見せてくれたのは、迷いのきっかけとなったフェネシスだったというのが良かった。

まるで最終巻かと思うような展開だったけれど、どうやらまだ話は続くようです。良かった。これからの旅路がどうなっていくのか。二人の関係の変化共々楽しみです。

マグダラで眠れ (5) (電撃文庫) - 支倉凍砂

AdSense

関連記事

ディバイデッド・フロント Ⅱ 僕らが戦う、その理由

かつて北関東隔離戦区における最も悲惨な戦い「朝霞事件」。 自衛隊の駐屯地が押し寄せる憑魔の群れに為す

記事を読む

きゅーきゅーキュート!(3) / 野島けんじ

国内でも数少ない第一級能力者を姉に持つ百香は、能力値が基準を超えているのに媒体を見つけていないため、

記事を読む

ガーゴイルおるたなてぃぶ(3)

天成会の親分さんから仕事の依頼が来た。それは豪華客船の中においてあるモノの護衛とのこと。二つ返事で引

記事を読む

銃姫(4) Nothing or All Return / 高殿円

「彼らはまともだ。この世の中に気が狂ってる人間などいない。だからこそ悲劇なのだ」 魔法を発動

記事を読む

9S<ナインエス>(11) true side / 葉山透

「一週間をすぎれば、グラキエスの爆発的な繁殖力を止める手立てはなくなる」 「だからなんの話だ?」

記事を読む

魔法の材料ございます(2) ドーク魔法材店三代目仕入れ苦労譚

「ど……どうやって?」 「おや?忘れたの?僕が商人なこと」 「あの、旦那様には言いにくいですけど

記事を読む

アウトニア王国奮戦記2 でたまか ― 奮闘努力篇

一刻も早く帝国に現状を伝えなければならない。だが、救難信号を発しては味方だけじゃなく、敵も呼び寄せて

記事を読む

絶世少女ディフェンソル(3) / マサト真希

守護士の少女、乙芽は行方不明になった自分の王を探して欲しいと慎に助けを求めに来た。 手がかりとなるテ

記事を読む

ブライトレッド・レベル

雨の中を駆け抜ける少女は、ウルスの研究所から逃げ出したために、追われていた。 弾丸のように唸りを上げ

記事を読む

セカイのスキマ(3) / 田代裕彦

学校が主催する部活動によるボランティア活動に「四つ辻の会」も参加することとなり、哲たちは、夏休みを利

記事を読む

AdSense

災いの魔女と幸いの王

暗殺に向かない体質の魔女アリシアが、初めての暗殺に向かう話。暗い話かと思ったら、とんでもない。標的と二人で困難を乗り越えていく冒険に、たまらなくワクワクさせられました。「災い」と「幸い」が重なった時に生まれる素敵な物語です。→感想

PAGE TOP ↑