*

マグダラで眠れ(5)

「人は所詮その手の理不尽に翻弄され、あがく身の上だ」
「……」
「だが、その理不尽の嵐の中で、自分の望むものをつかもうとするから楽しいんだよ」

眠らない錬金術師と噂される青年クースラと、秘密を抱える修道女フェネシスが、「マグダラ」を探し求めるシリーズの第五弾。カザンの町から脱出し、たどり着いた港町ニールベルクでは、教会の鐘楼が作るたびに壊れてしまうという問題が生じていた。民の支えとなる鐘の製造を失敗することが、許されない状況となる中、クースラたちに鐘の製造の役目が回ってきて……というお話。

いやあ、良かった。錬金術師としてマグダラを目指していたクースラに迷いが生じていく過程が、何とも言えない。大切な人ができたからこその迷いは、時に目を曇らせることもあったけれど、そこで支えとなってくれるのがフェネシスであるという関係が素敵。彼女はいつのまにかたくましくなったよなあ。

そんなふたりなのに、いまだ決定的な言葉を交わしてないというあたりが、まったくもう!言わないし、言わせない、だけど、離れない、離さない。絶妙な距離感でした。

で、最大のピンチを切り抜けたと思ったら、今度は町の中の問題に関わることになり、これがやっかいなのは、「奇跡」に応えてしまったこと、なんですよね。一度やったならば、次やらないことには出し惜しみとしてみられ、持ち上げていた人たちが不満を持つようになると……職人でないにもかかわらず、鐘を製造しなければならない、それも失敗が許されない状態で。

かわそうとして、それができなくなった時、こういう時代だからこその「生贄」という行為が、前に出てきてしまったことが、悔まれてならないよなあ。

いつのまにか、上司たるアイルゼンが良き理解者となって(むろん自分の立場は忘れてないけど)、いくつかの道を示してくれたけれど、結局逃げることができなかったのは、錬金術師であるということよりも、錬金術が好きだと言う思いがあったからで。自分の迷いがどこにあるかを見せてくれたのは、迷いのきっかけとなったフェネシスだったというのが良かった。

まるで最終巻かと思うような展開だったけれど、どうやらまだ話は続くようです。良かった。これからの旅路がどうなっていくのか。二人の関係の変化共々楽しみです。

マグダラで眠れ (5) (電撃文庫) - 支倉凍砂

AdSense

関連記事

ケモノガリ / 東出祐一郎

「答えろ」 男はそれを聞いた瞬間、弛緩したようにぐったりと脱力し、怯えた様子で呟いた。 「クラブ

記事を読む

レジンキャストミルク

人々の空想と欲望によって生まれたパラレルワールド「虚軸(キャスト)」 その世界がはじけるとき、現実

記事を読む

神曲奏界ポリフォニカ レオン・ザ・レザレクター(2)

「俺はな、セヴン。別に謎が解きてぇわけでもねえし、死んだ女の復讐をしたいわけでもねえ。だがな、彼

記事を読む

とらドラ4! / 竹宮ゆゆこ

みんなで亜美の別荘に行く事になった夏休み。今度こそは好きな人と距離を縮めたい。ただ、今までのようにお

記事を読む

レイン 雨の日に生まれた戦士 / 吉野匠

超大国ザーマイン。前王を自らの手で廃しその座に着いたレイグルは、世界を制しようとしていた。 その軍の

記事を読む

海をみあげて

10年前、浅霧町を襲った地震の直後から、町の上空を鯨が飛ぶようになった。姿は見れても触ることはできな

記事を読む

聖剣の姫と神盟騎士団(3) / 杉原智則

「ここに隠し扉があって、なかにもうひとつ部屋がある」 「なぜいいきれる!」 「決まってる

記事を読む

東池袋ストレイキャッツ

デジタルによって音が劣化しなくなった代わりに、僕らが受け取るべきだった哀しみはどんどん磨

記事を読む

ディスパレイト!コンプ 01 昔日の双銀

人体実験を繰り返し、アルメダ連邦陸軍は、「あちら」の世界の生物、ディスパレイトの制御に成功しつつあっ

記事を読む

俺の妹がこんなに可愛いわけがない(3)

「別に、珍しい話でもないでしょう。妹のことが心配でたまらなかったり、つい過保護に世話を焼いてあげ

記事を読む

AdSense

その女、小悪魔につきー。

近いのに遠い、そんな距離。
年上で小悪魔な彼女と、年下で天の邪鬼な彼。そんなふたりが繰り広げるやり取りが最高でした。ニヤニヤが止まらない。→感想

PAGE TOP ↑