*

マグダラで眠れ(5)

「人は所詮その手の理不尽に翻弄され、あがく身の上だ」
「……」
「だが、その理不尽の嵐の中で、自分の望むものをつかもうとするから楽しいんだよ」

眠らない錬金術師と噂される青年クースラと、秘密を抱える修道女フェネシスが、「マグダラ」を探し求めるシリーズの第五弾。カザンの町から脱出し、たどり着いた港町ニールベルクでは、教会の鐘楼が作るたびに壊れてしまうという問題が生じていた。民の支えとなる鐘の製造を失敗することが、許されない状況となる中、クースラたちに鐘の製造の役目が回ってきて……というお話。

いやあ、良かった。錬金術師としてマグダラを目指していたクースラに迷いが生じていく過程が、何とも言えない。大切な人ができたからこその迷いは、時に目を曇らせることもあったけれど、そこで支えとなってくれるのがフェネシスであるという関係が素敵。彼女はいつのまにかたくましくなったよなあ。

そんなふたりなのに、いまだ決定的な言葉を交わしてないというあたりが、まったくもう!言わないし、言わせない、だけど、離れない、離さない。絶妙な距離感でした。

で、最大のピンチを切り抜けたと思ったら、今度は町の中の問題に関わることになり、これがやっかいなのは、「奇跡」に応えてしまったこと、なんですよね。一度やったならば、次やらないことには出し惜しみとしてみられ、持ち上げていた人たちが不満を持つようになると……職人でないにもかかわらず、鐘を製造しなければならない、それも失敗が許されない状態で。

かわそうとして、それができなくなった時、こういう時代だからこその「生贄」という行為が、前に出てきてしまったことが、悔まれてならないよなあ。

いつのまにか、上司たるアイルゼンが良き理解者となって(むろん自分の立場は忘れてないけど)、いくつかの道を示してくれたけれど、結局逃げることができなかったのは、錬金術師であるということよりも、錬金術が好きだと言う思いがあったからで。自分の迷いがどこにあるかを見せてくれたのは、迷いのきっかけとなったフェネシスだったというのが良かった。

まるで最終巻かと思うような展開だったけれど、どうやらまだ話は続くようです。良かった。これからの旅路がどうなっていくのか。二人の関係の変化共々楽しみです。

マグダラで眠れ (5) (電撃文庫) - 支倉凍砂

AdSense

関連記事

薔薇のマリア(13) 罪と悪よ哀しみに沈め

「琺瑠副長に伝えてくれ」 「何と、お伝えすればいいでしょうか」 「おれは……」彼は、ふ、

記事を読む

ファイナルシーカー レスキューウイングス / 小川一水

子供のころ、自身も助けられたことのある英治は、レスキューの最高峰、航空自衛隊救難飛行隊に入隊した。ま

記事を読む

神様のメモ帳(5) / 杉井光

「でも、ナルミ。それは嘘とはいわない。それはね、『物語』というものだよ」 引きこもり探偵のア

記事を読む

薔薇のマリア(11) 灰被りのルーシー

「ぼくにも、何か見つかるかな」 「たぶん、見つからない」 雨にぬれた彼女の笑い顔はやっぱ

記事を読む

Fate/Zero(3) 王たちの狂宴 / 虚淵玄

「この戦いに、私は何も求めまい。何も勝ち取るまい。今はただ……キャスター、貴様を滅ぼすために剣を

記事を読む

覇剣の皇姫アルティーナ(5)

「……なるほど……戦とは、儘ならぬものでございますね」 両親にうとまれ、辺

記事を読む

ブレスレス・ハンター(3)

年が明けて一週間が過ぎた。ブレスレスによる事件は、小康状態を保っていたが、優殻は、むしろ、何かが動き

記事を読む

いつも心に剣を(3)

「君の父上のことについては、いつか話そう。今はまだそのときではない」 「なんで今はだめなの

記事を読む

彼女は戦争妖精(5) / 嬉野秋彦

「だからだから、あなたたちが本来あるべき姿に立ち戻ってくれるなら、きょうのところは見逃してあげて

記事を読む

リリアとトレイズ そして二人は旅行に行った

夏休みに入った上級学校。 母親と遊びにいけると思っていたリリアだが、パイロットとして優秀な母親に仕

記事を読む

AdSense

災いの魔女と幸いの王

暗殺に向かない体質の魔女アリシアが、初めての暗殺に向かう話。暗い話かと思ったら、とんでもない。標的と二人で困難を乗り越えていく冒険に、たまらなくワクワクさせられました。「災い」と「幸い」が重なった時に生まれる素敵な物語です。→感想

PAGE TOP ↑