*

マグダラで眠れ(5)

「人は所詮その手の理不尽に翻弄され、あがく身の上だ」
「……」
「だが、その理不尽の嵐の中で、自分の望むものをつかもうとするから楽しいんだよ」

眠らない錬金術師と噂される青年クースラと、秘密を抱える修道女フェネシスが、「マグダラ」を探し求めるシリーズの第五弾。カザンの町から脱出し、たどり着いた港町ニールベルクでは、教会の鐘楼が作るたびに壊れてしまうという問題が生じていた。民の支えとなる鐘の製造を失敗することが、許されない状況となる中、クースラたちに鐘の製造の役目が回ってきて……というお話。

いやあ、良かった。錬金術師としてマグダラを目指していたクースラに迷いが生じていく過程が、何とも言えない。大切な人ができたからこその迷いは、時に目を曇らせることもあったけれど、そこで支えとなってくれるのがフェネシスであるという関係が素敵。彼女はいつのまにかたくましくなったよなあ。

そんなふたりなのに、いまだ決定的な言葉を交わしてないというあたりが、まったくもう!言わないし、言わせない、だけど、離れない、離さない。絶妙な距離感でした。

で、最大のピンチを切り抜けたと思ったら、今度は町の中の問題に関わることになり、これがやっかいなのは、「奇跡」に応えてしまったこと、なんですよね。一度やったならば、次やらないことには出し惜しみとしてみられ、持ち上げていた人たちが不満を持つようになると……職人でないにもかかわらず、鐘を製造しなければならない、それも失敗が許されない状態で。

かわそうとして、それができなくなった時、こういう時代だからこその「生贄」という行為が、前に出てきてしまったことが、悔まれてならないよなあ。

いつのまにか、上司たるアイルゼンが良き理解者となって(むろん自分の立場は忘れてないけど)、いくつかの道を示してくれたけれど、結局逃げることができなかったのは、錬金術師であるということよりも、錬金術が好きだと言う思いがあったからで。自分の迷いがどこにあるかを見せてくれたのは、迷いのきっかけとなったフェネシスだったというのが良かった。

まるで最終巻かと思うような展開だったけれど、どうやらまだ話は続くようです。良かった。これからの旅路がどうなっていくのか。二人の関係の変化共々楽しみです。

マグダラで眠れ (5) (電撃文庫) - 支倉凍砂

AdSense

関連記事

半分の月がのぼる空(7)

ダブったためにクラスで浮いている祐一としては、文化祭が楽しいとは思えないが、里香に諭されて(脅迫され

記事を読む

クインテット!(2) / 越後屋鉄舟

いつの間にやら大家族での生活に敬助が慣れてきたころ、操を追ってヤクザが現れた。おまえさんと小嬢はんの

記事を読む

神様ゲーム カミハダレニイノルベキ

「簡単なゲームだよ。私はこの地球のどこかに隠れる。お前たちは私を探すんだ」 それは神の言葉。 だが、

記事を読む

学校の階段(10)

刈谷先輩。もしかして、ずっとこんな思いをしていたんですか?たった一人きりで、誰にも理解されない思

記事を読む

中の下! ランク3. 中の上に踊らされるオレ / 長岡マキ子

「わたしのことを本当に友達だと思ってくれているなら、追いかけてこないで欲しかった」 そう言った彼

記事を読む

神曲奏界ポリフォニカ トライアングル・ブラック

狭い寝室で、老婦人は死んでいた。遺体を発見した娘が言うには、その場には精霊がいたという。調査を進めて

記事を読む

電波女と青春男(3)

「リュウシさんは、都市側チームの方を応援しなくていいのかな」 「おいおーい、にわ君ってばも

記事を読む

異世界チート魔術師(1)

「タイチの異常さを結論から述べるとだな、一人で国相手に喧嘩を売れる。そして無傷で勝てる」

記事を読む

本日の騎士ミロク(6) / 田口仙年堂

「いいのかよアーニィは!?」 「なにが!?」 「私たちの奴隷(ミロク)が、他の女に取られちゃうん

記事を読む

火の国、風の国物語 戦竜在野 / 師走トオル

力が望みか―アレスがまだ力足りぬ十二歳のころ、敵に襲われ、王女に危機が迫ったとき、それは現れた。精霊

記事を読む

AdSense

リーングラードの学び舎より(1)

「義務教育推進計画」で教師を命じられた王国屈指の術式師が、生徒と共に成長していく物語。決して熱い先生ではないのに、読み終わると熱いものが残る。そんな教育のお話でした。築かれる信頼関係が素敵です。→感想

PAGE TOP ↑