*

マグダラで眠れ(5)

「人は所詮その手の理不尽に翻弄され、あがく身の上だ」
「……」
「だが、その理不尽の嵐の中で、自分の望むものをつかもうとするから楽しいんだよ」

眠らない錬金術師と噂される青年クースラと、秘密を抱える修道女フェネシスが、「マグダラ」を探し求めるシリーズの第五弾。カザンの町から脱出し、たどり着いた港町ニールベルクでは、教会の鐘楼が作るたびに壊れてしまうという問題が生じていた。民の支えとなる鐘の製造を失敗することが、許されない状況となる中、クースラたちに鐘の製造の役目が回ってきて……というお話。

いやあ、良かった。錬金術師としてマグダラを目指していたクースラに迷いが生じていく過程が、何とも言えない。大切な人ができたからこその迷いは、時に目を曇らせることもあったけれど、そこで支えとなってくれるのがフェネシスであるという関係が素敵。彼女はいつのまにかたくましくなったよなあ。

そんなふたりなのに、いまだ決定的な言葉を交わしてないというあたりが、まったくもう!言わないし、言わせない、だけど、離れない、離さない。絶妙な距離感でした。

で、最大のピンチを切り抜けたと思ったら、今度は町の中の問題に関わることになり、これがやっかいなのは、「奇跡」に応えてしまったこと、なんですよね。一度やったならば、次やらないことには出し惜しみとしてみられ、持ち上げていた人たちが不満を持つようになると……職人でないにもかかわらず、鐘を製造しなければならない、それも失敗が許されない状態で。

かわそうとして、それができなくなった時、こういう時代だからこその「生贄」という行為が、前に出てきてしまったことが、悔まれてならないよなあ。

いつのまにか、上司たるアイルゼンが良き理解者となって(むろん自分の立場は忘れてないけど)、いくつかの道を示してくれたけれど、結局逃げることができなかったのは、錬金術師であるということよりも、錬金術が好きだと言う思いがあったからで。自分の迷いがどこにあるかを見せてくれたのは、迷いのきっかけとなったフェネシスだったというのが良かった。

まるで最終巻かと思うような展開だったけれど、どうやらまだ話は続くようです。良かった。これからの旅路がどうなっていくのか。二人の関係の変化共々楽しみです。

マグダラで眠れ (5) (電撃文庫) - 支倉凍砂

AdSense

関連記事

彼女は帰星子女(2) / 上野遊

同級生はだいぶ慣れてきたものの、ご近所の人たちにいつまで経っても「お客様」扱いをされてしまう。 何と

記事を読む

えむえむっ!2

太郎のドM体質を直すため、石動先輩は新たに考えた。コンプレックスを抱えた主人公が、恋人の支えによって

記事を読む

扉の外 / 土橋真二郎

目が覚めたら、リクライニングシートに座らされていた。周囲にはクラスメイトがいるが、教室ではない。正面

記事を読む

不思議使い

転校した学校では、不思議な出来事が起きていた。クラスメイトが保健室で寝ていると、血まみれの看護婦に切

記事を読む

カンピオーネ!(15) 女神の息子

「俺はどちらか一方だけってのはイヤなんだ。ふたりそろっている場所でこういうことを頼むなら……

記事を読む

世界平和は一家団欒のあとに(4) ディア・マイ・リトルリトル・シスター / 橋本和也

「……何か言いたいことあるなら言いなさいよ」 その場に立ち尽くして固まる俺に、女の子がむっつり顔

記事を読む

黎明の戦女神3

梓の構想のひとつ。どの勢力にとっても損はないはずだし、立ち上がれば大きな力となる。だが、はたして他の

記事を読む

最後の鐘が鳴るとき

「私はこの学園が好き」 「君と一緒にいられたこの学園が好き」 「私はその思い出を大切にしたい

記事を読む

疾るワン・ナイト・スタンド フルメタル・パニック! / 賀東招二

<A21> というテロ・グループの一員が日本の税関で捕らえられた。日本政府にその重大さは

記事を読む

東京レイヴンズ(3)

「似合うか?」 「……ああ、悪くない」 春虎はマジマジと冬児を見つめて言った。」 そし

記事を読む

AdSense

災いの魔女と幸いの王

暗殺に向かない体質の魔女アリシアが、初めての暗殺に向かう話。暗い話かと思ったら、とんでもない。標的と二人で困難を乗り越えていく冒険に、たまらなくワクワクさせられました。「災い」と「幸い」が重なった時に生まれる素敵な物語です。→感想

PAGE TOP ↑