*

マグダラで眠れ(5)

「人は所詮その手の理不尽に翻弄され、あがく身の上だ」
「……」
「だが、その理不尽の嵐の中で、自分の望むものをつかもうとするから楽しいんだよ」

眠らない錬金術師と噂される青年クースラと、秘密を抱える修道女フェネシスが、「マグダラ」を探し求めるシリーズの第五弾。カザンの町から脱出し、たどり着いた港町ニールベルクでは、教会の鐘楼が作るたびに壊れてしまうという問題が生じていた。民の支えとなる鐘の製造を失敗することが、許されない状況となる中、クースラたちに鐘の製造の役目が回ってきて……というお話。

いやあ、良かった。錬金術師としてマグダラを目指していたクースラに迷いが生じていく過程が、何とも言えない。大切な人ができたからこその迷いは、時に目を曇らせることもあったけれど、そこで支えとなってくれるのがフェネシスであるという関係が素敵。彼女はいつのまにかたくましくなったよなあ。

そんなふたりなのに、いまだ決定的な言葉を交わしてないというあたりが、まったくもう!言わないし、言わせない、だけど、離れない、離さない。絶妙な距離感でした。

で、最大のピンチを切り抜けたと思ったら、今度は町の中の問題に関わることになり、これがやっかいなのは、「奇跡」に応えてしまったこと、なんですよね。一度やったならば、次やらないことには出し惜しみとしてみられ、持ち上げていた人たちが不満を持つようになると……職人でないにもかかわらず、鐘を製造しなければならない、それも失敗が許されない状態で。

かわそうとして、それができなくなった時、こういう時代だからこその「生贄」という行為が、前に出てきてしまったことが、悔まれてならないよなあ。

いつのまにか、上司たるアイルゼンが良き理解者となって(むろん自分の立場は忘れてないけど)、いくつかの道を示してくれたけれど、結局逃げることができなかったのは、錬金術師であるということよりも、錬金術が好きだと言う思いがあったからで。自分の迷いがどこにあるかを見せてくれたのは、迷いのきっかけとなったフェネシスだったというのが良かった。

まるで最終巻かと思うような展開だったけれど、どうやらまだ話は続くようです。良かった。これからの旅路がどうなっていくのか。二人の関係の変化共々楽しみです。

マグダラで眠れ (5) (電撃文庫) - 支倉凍砂

AdSense

関連記事

刀語 第五話 賊刀・鎧

円状に組まれた柵の内側に砂が敷き詰められているだけの簡素なつくり。大盆と呼ばれているその場所は闘技場

記事を読む

覇剣の皇姫アルティーナ(7)

「くははっ! そうか! お前がレジスか!」 「ううぅ……?」 「すっかり負けたぜ!

記事を読む

はにかみトライアングル(5) / 五十嵐雄策

突然、美亜の父親が訪ねてきたら、美亜がまるでネコを三匹ぐらい被って対応していた。どうやら父親は厳格な

記事を読む

お留守バンシー2

壊れたお城の外観に胸を痛めるバンシーのアリアは、修復のための職人を呼んだ後に、大きな間違いに気づいた

記事を読む

狼と香辛料(16) 太陽の金貨(下)

「じゃが、過去に囚われておるとどうなるか、ぬしは知らぬわけではないじゃろう?」 「それはそ

記事を読む

夜明け色の詠使い 黄昏色の詠使い(10)

それは夜色の名詠式と名付けられた詠だった。 ……母さん、アーマ。 ……ありがとう。そして、僕は信

記事を読む

ベン・トー(9.5) 箸休め~濃厚味わいベン・トー~

「自分には価値があると思えることなら、それは実質的な価値を持ちますわ。たとえ他者にとってどれ

記事を読む

護くんに女神の祝福を!(7)

入学式。それは護が生徒会副会長になってから初めての大舞台。 今年の新入生は「絢爛世代」と呼ばれるほ

記事を読む

マグダラで眠れ(3)

「錬金術師は、もっとすごい連中かと思ってた」 「いい言葉だ。錬金術師は、鉛を金に見せる術に

記事を読む

羽月莉音の帝国(6) / 至道流星

「海胴とは、絶対に折り合わないと思っていたけれど……」 莉音のつぶやきに、郭首相はうなずく。 「

記事を読む

AdSense

リーングラードの学び舎より(1)

「義務教育推進計画」で教師を命じられた王国屈指の術式師が、生徒と共に成長していく物語。決して熱い先生ではないのに、読み終わると熱いものが残る。そんな教育のお話でした。築かれる信頼関係が素敵です。→感想

PAGE TOP ↑