*

マグダラで眠れ(5)

「人は所詮その手の理不尽に翻弄され、あがく身の上だ」
「……」
「だが、その理不尽の嵐の中で、自分の望むものをつかもうとするから楽しいんだよ」

眠らない錬金術師と噂される青年クースラと、秘密を抱える修道女フェネシスが、「マグダラ」を探し求めるシリーズの第五弾。カザンの町から脱出し、たどり着いた港町ニールベルクでは、教会の鐘楼が作るたびに壊れてしまうという問題が生じていた。民の支えとなる鐘の製造を失敗することが、許されない状況となる中、クースラたちに鐘の製造の役目が回ってきて……というお話。

いやあ、良かった。錬金術師としてマグダラを目指していたクースラに迷いが生じていく過程が、何とも言えない。大切な人ができたからこその迷いは、時に目を曇らせることもあったけれど、そこで支えとなってくれるのがフェネシスであるという関係が素敵。彼女はいつのまにかたくましくなったよなあ。

そんなふたりなのに、いまだ決定的な言葉を交わしてないというあたりが、まったくもう!言わないし、言わせない、だけど、離れない、離さない。絶妙な距離感でした。

で、最大のピンチを切り抜けたと思ったら、今度は町の中の問題に関わることになり、これがやっかいなのは、「奇跡」に応えてしまったこと、なんですよね。一度やったならば、次やらないことには出し惜しみとしてみられ、持ち上げていた人たちが不満を持つようになると……職人でないにもかかわらず、鐘を製造しなければならない、それも失敗が許されない状態で。

かわそうとして、それができなくなった時、こういう時代だからこその「生贄」という行為が、前に出てきてしまったことが、悔まれてならないよなあ。

いつのまにか、上司たるアイルゼンが良き理解者となって(むろん自分の立場は忘れてないけど)、いくつかの道を示してくれたけれど、結局逃げることができなかったのは、錬金術師であるということよりも、錬金術が好きだと言う思いがあったからで。自分の迷いがどこにあるかを見せてくれたのは、迷いのきっかけとなったフェネシスだったというのが良かった。

まるで最終巻かと思うような展開だったけれど、どうやらまだ話は続くようです。良かった。これからの旅路がどうなっていくのか。二人の関係の変化共々楽しみです。

マグダラで眠れ (5) (電撃文庫) - 支倉凍砂

AdSense

関連記事

ナイツ&マジック(1)

「許せません」 ディートリヒからはエルネスティの銀髪頭しか見えない。しかし彼から立ち上る尋常なら

記事を読む

付喪堂骨董店(2) 不思議取り扱います / 御堂彰彦

『明鏡』とは、音のみならず気配まで消して、完全な静寂を作り上げる鏡。その『明鏡』の噂を聞きつけた作曲

記事を読む

暴風ガールズファイト(2) / 佐々原史緒

チーム名が決まり、ユニフォームも出来上がって、あと公式戦出場に必要なのは人数だ。1チーム12人が必要

記事を読む

灼熱のエスクード MATERIAL GIRL

魔術師教会、教皇庁、魔族と、三つの組織から狙われ、「トリプル・クラウン」と渾名される凶悪犯罪者ブレン

記事を読む

パーフェクト・ブラッド 1 彼女が持ってるボクの心臓

刃を向けられた少女を、春川祐樹は助けた。己の腕と心臓を犠牲にして……だが、目が覚めると生きている。腕

記事を読む

きゅーきゅーキュート!(4) / 野島けんじ

スターライトとの交流会に招待するとして、浮遊島にキュートたちは、リイザによって連れて行かれてしまった

記事を読む

BLACK BLOOD BROTHERS(9) ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 黒蛇接近―

「すでに彼女は世界のVIPだ。正体不明の『乙女』ならともかく、葛城ミミコの暗殺は、現状ではリ

記事を読む

涼宮ハルヒの動揺

「ライブアライブ」「朝比奈ミクルの冒険」「ヒトメボレLOVER」「猫はどこに行った?」「朝比奈みくる

記事を読む

バタフライ×ブレイクダウン(1) 君が世界を救うというなら

「先輩の頑張りは、歌だの踊りだので発揮されるべきじゃありません。本来だったら、人類のために…

記事を読む

鳥は鳥であるために(4)

生まれる前から自分の役目は決まっていた。 水星家に襲い掛かる呪を祓うこと。そのために植えつけられた呪

記事を読む

AdSense

災いの魔女と幸いの王

暗殺に向かない体質の魔女アリシアが、初めての暗殺に向かう話。暗い話かと思ったら、とんでもない。標的と二人で困難を乗り越えていく冒険に、たまらなくワクワクさせられました。「災い」と「幸い」が重なった時に生まれる素敵な物語です。→感想

PAGE TOP ↑