*

マグダラで眠れ(5)

「人は所詮その手の理不尽に翻弄され、あがく身の上だ」
「……」
「だが、その理不尽の嵐の中で、自分の望むものをつかもうとするから楽しいんだよ」

眠らない錬金術師と噂される青年クースラと、秘密を抱える修道女フェネシスが、「マグダラ」を探し求めるシリーズの第五弾。カザンの町から脱出し、たどり着いた港町ニールベルクでは、教会の鐘楼が作るたびに壊れてしまうという問題が生じていた。民の支えとなる鐘の製造を失敗することが、許されない状況となる中、クースラたちに鐘の製造の役目が回ってきて……というお話。

いやあ、良かった。錬金術師としてマグダラを目指していたクースラに迷いが生じていく過程が、何とも言えない。大切な人ができたからこその迷いは、時に目を曇らせることもあったけれど、そこで支えとなってくれるのがフェネシスであるという関係が素敵。彼女はいつのまにかたくましくなったよなあ。

そんなふたりなのに、いまだ決定的な言葉を交わしてないというあたりが、まったくもう!言わないし、言わせない、だけど、離れない、離さない。絶妙な距離感でした。

で、最大のピンチを切り抜けたと思ったら、今度は町の中の問題に関わることになり、これがやっかいなのは、「奇跡」に応えてしまったこと、なんですよね。一度やったならば、次やらないことには出し惜しみとしてみられ、持ち上げていた人たちが不満を持つようになると……職人でないにもかかわらず、鐘を製造しなければならない、それも失敗が許されない状態で。

かわそうとして、それができなくなった時、こういう時代だからこその「生贄」という行為が、前に出てきてしまったことが、悔まれてならないよなあ。

いつのまにか、上司たるアイルゼンが良き理解者となって(むろん自分の立場は忘れてないけど)、いくつかの道を示してくれたけれど、結局逃げることができなかったのは、錬金術師であるということよりも、錬金術が好きだと言う思いがあったからで。自分の迷いがどこにあるかを見せてくれたのは、迷いのきっかけとなったフェネシスだったというのが良かった。

まるで最終巻かと思うような展開だったけれど、どうやらまだ話は続くようです。良かった。これからの旅路がどうなっていくのか。二人の関係の変化共々楽しみです。

マグダラで眠れ (5) (電撃文庫) - 支倉凍砂

AdSense

関連記事

トリックスターズD / 久住四季

三日連続で開かれる大学のイベント ― 城翠祭。 ぼくはミス研のイベント『マスカレイド』に参加するため

記事を読む

ゼペットの娘たち(2)

「あいつ馬鹿だから、すごい張り切りようで、最高に素敵な女の子を作るんだって、それでいい家でお姫様

記事を読む

羽月莉音の帝国(3) / 至道流星

「それにしても……立花社長なら、こんなふうに必死で前日に記者会見の想定を考えなくても、即興でどん

記事を読む

温泉ドラゴン王国(1) ~ユの国よいとこ、一度はおいで~

「これは魔法なのか?」 「いいえ、魔法ではありません。古の湯人は温泉の奇跡をこう呼びま

記事を読む

彼女はつっこまれるのが好き!(2)

「たしかに、ファンの方々に言っていただける『好き』をいちいち気にしていたらキリがないですけど

記事を読む

緋弾のアリア(4) 堕ちた緋弾

「……尊敬してるんだな」 「心から。それにこの写真はお父様からもらったものなの。いつも肌身離さず

記事を読む

陸と千星~世界を配る少年と別荘の少女

わたしたちはもう、お別れしなくちゃ。 両親が離婚話をしている間、ひとりで別

記事を読む

断章のグリム(6) 赤ずきん・下 / 甲田学人

泡禍による失踪事件の調査の最中、雪乃は同じ<騎士>である勇路の攻撃を受けて、重体に陥った。雪乃と他人

記事を読む

めしあのいちにち (2) / 岩田洋季

「藤組の真木くんかぁ……格好いいよねぇ、たしかに!」 「うん、まあそうね。彼ならめしあちゃんとだ

記事を読む

スクランブル・ウィザード(2) / すえばしけん

「君、あの子の力を隠したまま育てたいんやろ?それで正解やと思うし、誰に告げ口する気もあらへんよ。

記事を読む

AdSense

リーングラードの学び舎より(1)

「義務教育推進計画」で教師を命じられた王国屈指の術式師が、生徒と共に成長していく物語。決して熱い先生ではないのに、読み終わると熱いものが残る。そんな教育のお話でした。築かれる信頼関係が素敵です。→感想

PAGE TOP ↑