*

マグダラで眠れ(5)

「人は所詮その手の理不尽に翻弄され、あがく身の上だ」
「……」
「だが、その理不尽の嵐の中で、自分の望むものをつかもうとするから楽しいんだよ」

眠らない錬金術師と噂される青年クースラと、秘密を抱える修道女フェネシスが、「マグダラ」を探し求めるシリーズの第五弾。カザンの町から脱出し、たどり着いた港町ニールベルクでは、教会の鐘楼が作るたびに壊れてしまうという問題が生じていた。民の支えとなる鐘の製造を失敗することが、許されない状況となる中、クースラたちに鐘の製造の役目が回ってきて……というお話。

いやあ、良かった。錬金術師としてマグダラを目指していたクースラに迷いが生じていく過程が、何とも言えない。大切な人ができたからこその迷いは、時に目を曇らせることもあったけれど、そこで支えとなってくれるのがフェネシスであるという関係が素敵。彼女はいつのまにかたくましくなったよなあ。

そんなふたりなのに、いまだ決定的な言葉を交わしてないというあたりが、まったくもう!言わないし、言わせない、だけど、離れない、離さない。絶妙な距離感でした。

で、最大のピンチを切り抜けたと思ったら、今度は町の中の問題に関わることになり、これがやっかいなのは、「奇跡」に応えてしまったこと、なんですよね。一度やったならば、次やらないことには出し惜しみとしてみられ、持ち上げていた人たちが不満を持つようになると……職人でないにもかかわらず、鐘を製造しなければならない、それも失敗が許されない状態で。

かわそうとして、それができなくなった時、こういう時代だからこその「生贄」という行為が、前に出てきてしまったことが、悔まれてならないよなあ。

いつのまにか、上司たるアイルゼンが良き理解者となって(むろん自分の立場は忘れてないけど)、いくつかの道を示してくれたけれど、結局逃げることができなかったのは、錬金術師であるということよりも、錬金術が好きだと言う思いがあったからで。自分の迷いがどこにあるかを見せてくれたのは、迷いのきっかけとなったフェネシスだったというのが良かった。

まるで最終巻かと思うような展開だったけれど、どうやらまだ話は続くようです。良かった。これからの旅路がどうなっていくのか。二人の関係の変化共々楽しみです。

マグダラで眠れ (5) (電撃文庫) - 支倉凍砂

AdSense

関連記事

Missing(3) 首くくりの物語 / 甲田学人

「何処へ戻るつもりなの?君たちは世界の本当の姿が見えてないのに、自分が何処へ戻ろうとしてるのか判

記事を読む

ソードアート・オンライン(7) マザーズ・ロザリオ / 川原礫

「キリト君は、何て……?」 「絶剣がSAOプレイヤーだった可能性は、まずないだろう、って。なぜな

記事を読む

こうして彼は屋上を燃やすことにした / カミツキレイニー

「僕らももうすぐ自殺するんです。もちろん、復讐してからだけどね」 この人たち、変だ。 「一緒にや

記事を読む

戦嬢の交響曲(5)

「……榛名は……」 「……いない」 連れて行かれたのだ。雲を突くような大男に。そして雪風の妹は、

記事を読む

さよならピアノソナタ(4) / 杉井光

「ピアノしか知らなかった頃は、こんな気持ちになるなんて、想像もしなかった」 言葉もなく、う

記事を読む

ヴィークルエンド / うえお久光

陳腐ないいぐさではあるが、現実を目の前にして、それでも、と諦めない者だけが、この先に進んでいける

記事を読む

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

結論。 僕が間違っていた。 地下迷宮「ダンジョン」を持つ迷宮都市オラリオ。祖父の冒険譚を聞か

記事を読む

月明のクロースター 虚飾の福音

一年前、妹のように思っていた幼馴染の莉子が、突然、登校拒否になった。原因がわからないまま、時は過ぎ、

記事を読む

アウトニア王国再興録5 でたまか 青天霹靂篇

帝国は割れた。皇帝率いるマルス家と前皇帝率いるディア家と。 マイア家を取り込むことができれば、決着が

記事を読む

生徒会探偵キリカ(3)

「あの迫力があればこその生徒会詐欺師ですよ。遠慮していたらだませるものもだませなくなりま

記事を読む

AdSense

リーングラードの学び舎より(1)

「義務教育推進計画」で教師を命じられた王国屈指の術式師が、生徒と共に成長していく物語。決して熱い先生ではないのに、読み終わると熱いものが残る。そんな教育のお話でした。築かれる信頼関係が素敵です。→感想

PAGE TOP ↑