*

マグダラで眠れ(5)

「人は所詮その手の理不尽に翻弄され、あがく身の上だ」
「……」
「だが、その理不尽の嵐の中で、自分の望むものをつかもうとするから楽しいんだよ」

眠らない錬金術師と噂される青年クースラと、秘密を抱える修道女フェネシスが、「マグダラ」を探し求めるシリーズの第五弾。カザンの町から脱出し、たどり着いた港町ニールベルクでは、教会の鐘楼が作るたびに壊れてしまうという問題が生じていた。民の支えとなる鐘の製造を失敗することが、許されない状況となる中、クースラたちに鐘の製造の役目が回ってきて……というお話。

いやあ、良かった。錬金術師としてマグダラを目指していたクースラに迷いが生じていく過程が、何とも言えない。大切な人ができたからこその迷いは、時に目を曇らせることもあったけれど、そこで支えとなってくれるのがフェネシスであるという関係が素敵。彼女はいつのまにかたくましくなったよなあ。

そんなふたりなのに、いまだ決定的な言葉を交わしてないというあたりが、まったくもう!言わないし、言わせない、だけど、離れない、離さない。絶妙な距離感でした。

で、最大のピンチを切り抜けたと思ったら、今度は町の中の問題に関わることになり、これがやっかいなのは、「奇跡」に応えてしまったこと、なんですよね。一度やったならば、次やらないことには出し惜しみとしてみられ、持ち上げていた人たちが不満を持つようになると……職人でないにもかかわらず、鐘を製造しなければならない、それも失敗が許されない状態で。

かわそうとして、それができなくなった時、こういう時代だからこその「生贄」という行為が、前に出てきてしまったことが、悔まれてならないよなあ。

いつのまにか、上司たるアイルゼンが良き理解者となって(むろん自分の立場は忘れてないけど)、いくつかの道を示してくれたけれど、結局逃げることができなかったのは、錬金術師であるということよりも、錬金術が好きだと言う思いがあったからで。自分の迷いがどこにあるかを見せてくれたのは、迷いのきっかけとなったフェネシスだったというのが良かった。

まるで最終巻かと思うような展開だったけれど、どうやらまだ話は続くようです。良かった。これからの旅路がどうなっていくのか。二人の関係の変化共々楽しみです。

マグダラで眠れ (5) (電撃文庫) - 支倉凍砂

AdSense

関連記事

戦う司書と世界の力 / 山形石雄

『なぜ、守るのです。こんなにも腐りきった世界を』 「世界が腐りきっていることなど、とうの昔に知っ

記事を読む

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(7)

「でも」 不意に裾が引かれて、思わず振り返った。 「でもさ、……こういうの、もう、な

記事を読む

そらいろな

中学ナンバー1左投手と言われながら、ヒジを壊した白河祐樹は、誘いを持ちかけてきた唯一の高校、北野坂高

記事を読む

声で魅せてよベイビー / 木本雅彦

組み込み系OSピクシーの完全解説書をおっちゃんが売るというので、初めて同人誌即売会に行ったら、そこで

記事を読む

王ディション! 候補者は専門的なトレーニングを受けています。/ 淺沼広太

「思い出せなんことが怖い。また、お前のことを忘れるんじゃないかってな」 「今度は……忘れさせない

記事を読む

ココロコネクト クリップタイム

「普通の奴らが普通にやっただけじゃ、できないかもしれない。だが、アタシ達にはできる。なぜなら

記事を読む

BLACK BLOOD BROTHERS(S4)―ブラック・ブラッド・ブラザーズ短編集

『カンパニー』を首になってから、早一週間。いまだにミミコは、無職のまま自宅に引きこもっていた。コタロ

記事を読む

サイハテの救世主 PAPER(1): 破壊者

「ぼくは天才だ。天才に迷いなどない」 「ぼくは英雄だ。――英雄にプレッシャーなど、

記事を読む

あきれてものも言えねえぜ!  魔術士オーフェン・無謀編(5)

「聞きたい!?」 「ううんと……まあ……いや、でも、ちょっと待って。少し考えさせてね」 「聞きた

記事を読む

“文学少女”見習いの、卒業。/ 野村美月

わたしの初恋。 なんて、贅沢な片思いだったんだろう。 一番大好きな人の、あんなに近くにいられて、

記事を読む

AdSense

リーングラードの学び舎より(1)

「義務教育推進計画」で教師を命じられた王国屈指の術式師が、生徒と共に成長していく物語。決して熱い先生ではないのに、読み終わると熱いものが残る。そんな教育のお話でした。築かれる信頼関係が素敵です。→感想

PAGE TOP ↑