*

マグダラで眠れ(5)

「人は所詮その手の理不尽に翻弄され、あがく身の上だ」
「……」
「だが、その理不尽の嵐の中で、自分の望むものをつかもうとするから楽しいんだよ」

眠らない錬金術師と噂される青年クースラと、秘密を抱える修道女フェネシスが、「マグダラ」を探し求めるシリーズの第五弾。カザンの町から脱出し、たどり着いた港町ニールベルクでは、教会の鐘楼が作るたびに壊れてしまうという問題が生じていた。民の支えとなる鐘の製造を失敗することが、許されない状況となる中、クースラたちに鐘の製造の役目が回ってきて……というお話。

いやあ、良かった。錬金術師としてマグダラを目指していたクースラに迷いが生じていく過程が、何とも言えない。大切な人ができたからこその迷いは、時に目を曇らせることもあったけれど、そこで支えとなってくれるのがフェネシスであるという関係が素敵。彼女はいつのまにかたくましくなったよなあ。

そんなふたりなのに、いまだ決定的な言葉を交わしてないというあたりが、まったくもう!言わないし、言わせない、だけど、離れない、離さない。絶妙な距離感でした。

で、最大のピンチを切り抜けたと思ったら、今度は町の中の問題に関わることになり、これがやっかいなのは、「奇跡」に応えてしまったこと、なんですよね。一度やったならば、次やらないことには出し惜しみとしてみられ、持ち上げていた人たちが不満を持つようになると……職人でないにもかかわらず、鐘を製造しなければならない、それも失敗が許されない状態で。

かわそうとして、それができなくなった時、こういう時代だからこその「生贄」という行為が、前に出てきてしまったことが、悔まれてならないよなあ。

いつのまにか、上司たるアイルゼンが良き理解者となって(むろん自分の立場は忘れてないけど)、いくつかの道を示してくれたけれど、結局逃げることができなかったのは、錬金術師であるということよりも、錬金術が好きだと言う思いがあったからで。自分の迷いがどこにあるかを見せてくれたのは、迷いのきっかけとなったフェネシスだったというのが良かった。

まるで最終巻かと思うような展開だったけれど、どうやらまだ話は続くようです。良かった。これからの旅路がどうなっていくのか。二人の関係の変化共々楽しみです。

マグダラで眠れ (5) (電撃文庫) - 支倉凍砂

AdSense

関連記事

菜々子さんの戯曲 Nの悲劇と縛られた僕 / 高木敦史

「ずいぶん残酷だね」 「そりゃ残酷よ。子供だもの」 小学生だった三年前の事故により、三人の子

記事を読む

僕たちは監視されている ch.2 / 里田和登

「わたしは、あの人の側にいるだけで、幸せです。わたし、この日本語を、とても好きなのです。ずっと使

記事を読む

ムシウタbug 7th.夢高まる鳴動 / 岩井恭平

どうしてだろう? なぜ虫憑きは皆、苦しんでいるのだろう? 夢を思い描いて、〝虫〟に取り憑かれた人

記事を読む

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(5)

「貴方はパーティのリーダー失格だ」 「だが、間違っていない」 出会い

記事を読む

烙印の紋章(11) あかつきの空を竜は翔ける(上)

「故国に未練を残すな。それでは剣を握る手に力が入らない。ただし、すべてを捨てずに二割だけをお

記事を読む

Only Sense Online―オンリーセンス・オンライン―

「にしても、不遇センスの塊なのに、どうしてこんなに面白いのかな?」 友

記事を読む

けんぷファー(2) / 築地俊彦

ケンプファーとして戦うときは、女の姿になってしまう。経験を積めば自分の意志で変身できるようになるらし

記事を読む

クロス×レガリア(2) 嵐の王、来たる

「あの、新しい白翁が、好きなのか?」 「……あぁ、そんなことか」 少女は困ったように微笑

記事を読む

マキゾエホリック Case3: 魔法少女という名の記号

下駄箱の扉を開けたら、見知らぬ物体が入っていた。いや、その存在は知っているものの、下駄箱に入っている

記事を読む

ボンクラーズ、ドントクライ / 大樹連司

――これはもしかして、もしかすると、すごく、いい映画になるんじゃないか。 胸が高鳴るとは、きっと

記事を読む

AdSense

災いの魔女と幸いの王

暗殺に向かない体質の魔女アリシアが、初めての暗殺に向かう話。暗い話かと思ったら、とんでもない。標的と二人で困難を乗り越えていく冒険に、たまらなくワクワクさせられました。「災い」と「幸い」が重なった時に生まれる素敵な物語です。→感想

PAGE TOP ↑