*

マグダラで眠れ(5)

「人は所詮その手の理不尽に翻弄され、あがく身の上だ」
「……」
「だが、その理不尽の嵐の中で、自分の望むものをつかもうとするから楽しいんだよ」

眠らない錬金術師と噂される青年クースラと、秘密を抱える修道女フェネシスが、「マグダラ」を探し求めるシリーズの第五弾。カザンの町から脱出し、たどり着いた港町ニールベルクでは、教会の鐘楼が作るたびに壊れてしまうという問題が生じていた。民の支えとなる鐘の製造を失敗することが、許されない状況となる中、クースラたちに鐘の製造の役目が回ってきて……というお話。

いやあ、良かった。錬金術師としてマグダラを目指していたクースラに迷いが生じていく過程が、何とも言えない。大切な人ができたからこその迷いは、時に目を曇らせることもあったけれど、そこで支えとなってくれるのがフェネシスであるという関係が素敵。彼女はいつのまにかたくましくなったよなあ。

そんなふたりなのに、いまだ決定的な言葉を交わしてないというあたりが、まったくもう!言わないし、言わせない、だけど、離れない、離さない。絶妙な距離感でした。

で、最大のピンチを切り抜けたと思ったら、今度は町の中の問題に関わることになり、これがやっかいなのは、「奇跡」に応えてしまったこと、なんですよね。一度やったならば、次やらないことには出し惜しみとしてみられ、持ち上げていた人たちが不満を持つようになると……職人でないにもかかわらず、鐘を製造しなければならない、それも失敗が許されない状態で。

かわそうとして、それができなくなった時、こういう時代だからこその「生贄」という行為が、前に出てきてしまったことが、悔まれてならないよなあ。

いつのまにか、上司たるアイルゼンが良き理解者となって(むろん自分の立場は忘れてないけど)、いくつかの道を示してくれたけれど、結局逃げることができなかったのは、錬金術師であるということよりも、錬金術が好きだと言う思いがあったからで。自分の迷いがどこにあるかを見せてくれたのは、迷いのきっかけとなったフェネシスだったというのが良かった。

まるで最終巻かと思うような展開だったけれど、どうやらまだ話は続くようです。良かった。これからの旅路がどうなっていくのか。二人の関係の変化共々楽しみです。

マグダラで眠れ (5) (電撃文庫) - 支倉凍砂

AdSense

関連記事

コンフィデンシャル・コール 鋼殻のレギオス(4)

剄脈を活性化させる違法な酒がツェルニに持ち込まれたという。警備課に頼まれたレイフォンが調査をしていた

記事を読む

トリニティ・ブラッド Reborn on the Mars (4) 聖女の烙印

任務のため、久しぶりに故郷へ戻ってきたエステル。 だが、そこで求められたのは、かつて"星"と呼ばれて

記事を読む

ペンギン・サマー / 六塚光

「つまり……おまえはもともとは普通のペンギンで、誰かに改造されてサイボーグみたいな身体になったっ

記事を読む

円環少女(サークリットガール)3 煉獄の虚神(下) / 長谷敏司

さよなら、せんせ。 楽しかったわ。 グレン・アザレイとの戦いを決意し、書置きを残して仁のもとを去

記事を読む

BLACK BLOOD BROTHERS(6) ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 九牙集結― / あざの耕平

カンパニーから追放されて半年。方法は違えど、皆が目指すところは同じだと信じながら、ミミコはもぐりの調

記事を読む

虎は躍り、龍は微笑む 落日の賦 暁星の詩 / 嬉野秋彦

飛天夜叉と呼ばれた女賊は、コハクの瞳とまったく同じ瞳を持っていた。彼女の口から聞かされた言葉を胸に秘

記事を読む

薔薇のマリア(19) たとえ明日すべてを失うとしても / 十文字青

勝利とは何か。 困難を乗り越えることである。今を、次の今を手に入れることである。今、こ

記事を読む

レジンキャストミルク

人々の空想と欲望によって生まれたパラレルワールド「虚軸(キャスト)」 その世界がはじけるとき、現実

記事を読む

それがるうるの支配魔術 Game1: ルールズ・ルール / 土屋つかさ

「俺の勝負に、乗るか?」 るうるの顔に、一瞬だけ嬉しさが広がった。そして、小さな拳をこつんと会わ

記事を読む

俺の教室にハルヒはいない(3)

「なぜなら、君は知ろうとしていないからだ」 「知ろうと……」 「君の人の話を真面

記事を読む

AdSense

リーングラードの学び舎より(1)

「義務教育推進計画」で教師を命じられた王国屈指の術式師が、生徒と共に成長していく物語。決して熱い先生ではないのに、読み終わると熱いものが残る。そんな教育のお話でした。築かれる信頼関係が素敵です。→感想

PAGE TOP ↑