*

マグダラで眠れ(5)

「人は所詮その手の理不尽に翻弄され、あがく身の上だ」
「……」
「だが、その理不尽の嵐の中で、自分の望むものをつかもうとするから楽しいんだよ」

眠らない錬金術師と噂される青年クースラと、秘密を抱える修道女フェネシスが、「マグダラ」を探し求めるシリーズの第五弾。カザンの町から脱出し、たどり着いた港町ニールベルクでは、教会の鐘楼が作るたびに壊れてしまうという問題が生じていた。民の支えとなる鐘の製造を失敗することが、許されない状況となる中、クースラたちに鐘の製造の役目が回ってきて……というお話。

いやあ、良かった。錬金術師としてマグダラを目指していたクースラに迷いが生じていく過程が、何とも言えない。大切な人ができたからこその迷いは、時に目を曇らせることもあったけれど、そこで支えとなってくれるのがフェネシスであるという関係が素敵。彼女はいつのまにかたくましくなったよなあ。

そんなふたりなのに、いまだ決定的な言葉を交わしてないというあたりが、まったくもう!言わないし、言わせない、だけど、離れない、離さない。絶妙な距離感でした。

で、最大のピンチを切り抜けたと思ったら、今度は町の中の問題に関わることになり、これがやっかいなのは、「奇跡」に応えてしまったこと、なんですよね。一度やったならば、次やらないことには出し惜しみとしてみられ、持ち上げていた人たちが不満を持つようになると……職人でないにもかかわらず、鐘を製造しなければならない、それも失敗が許されない状態で。

かわそうとして、それができなくなった時、こういう時代だからこその「生贄」という行為が、前に出てきてしまったことが、悔まれてならないよなあ。

いつのまにか、上司たるアイルゼンが良き理解者となって(むろん自分の立場は忘れてないけど)、いくつかの道を示してくれたけれど、結局逃げることができなかったのは、錬金術師であるということよりも、錬金術が好きだと言う思いがあったからで。自分の迷いがどこにあるかを見せてくれたのは、迷いのきっかけとなったフェネシスだったというのが良かった。

まるで最終巻かと思うような展開だったけれど、どうやらまだ話は続くようです。良かった。これからの旅路がどうなっていくのか。二人の関係の変化共々楽しみです。

マグダラで眠れ (5) (電撃文庫) - 支倉凍砂

AdSense

関連記事

神様のメモ帳(9)

「ネタは見つかりませんでした。でも、方針はもう固まってます。脅迫はなしです。今回も、いつ

記事を読む

101番目の百物語

『もしもし、私よ』 『今、貴方の後ろにいるの』 モンジこと一文字疾風は、普通の高

記事を読む

トリニティ・ブラッド Reborn on the Mars (6) 茨の宝冠

ロンディニウム。その都市の地下には多数の長生種が住んでいた。 それは女王との約束。だが、その女王は病

記事を読む

聖剣の刀鍛冶

代理契約戦争が終わりを迎えてから四十四年。大陸は安定期を迎えていた。その大陸の隅にある独立交易都市ハ

記事を読む

ヴァンパイア・サマータイム / 石川博品

明日になればこの感動も消えて、泣いていたことなど馬鹿みたいだと思い出されるだろうが、やは

記事を読む

鬼切り夜鳥子 〜百鬼夜行学園〜 / 桝田省治

「走って逃げるわよ!いい?」駒子の声に久遠は頷いた。群れを成した猫の髑髏がカタカタと笑って二人を追っ

記事を読む

理想のヒモ生活(3)

「いえいえ、陛下。その心配はご無用です。と申しますのも、実は、あの『透明な宝玉』や、『金剛石

記事を読む

バカとテストと召喚獣(2)

姫路さんが転校してしまうかもしれない。Fクラスの環境が悪いとご両親が判断されたらしい。ならば、設備だ

記事を読む

ドラゴンクライシス!依頼人は皇女さま

クラスメイトと夏の海へ遊びにいくことになった竜司だが、ローズと英理子さんまでついてきてしまい、水着の

記事を読む

君のための物語

川へと飛び込もうとした女性を助けようとして、川に落ちた私を助けてくれたのは、超然とした態度の若い美形

記事を読む

AdSense

災いの魔女と幸いの王

暗殺に向かない体質の魔女アリシアが、初めての暗殺に向かう話。暗い話かと思ったら、とんでもない。標的と二人で困難を乗り越えていく冒険に、たまらなくワクワクさせられました。「災い」と「幸い」が重なった時に生まれる素敵な物語です。→感想

PAGE TOP ↑