*

マグダラで眠れ(5)

「人は所詮その手の理不尽に翻弄され、あがく身の上だ」
「……」
「だが、その理不尽の嵐の中で、自分の望むものをつかもうとするから楽しいんだよ」

眠らない錬金術師と噂される青年クースラと、秘密を抱える修道女フェネシスが、「マグダラ」を探し求めるシリーズの第五弾。カザンの町から脱出し、たどり着いた港町ニールベルクでは、教会の鐘楼が作るたびに壊れてしまうという問題が生じていた。民の支えとなる鐘の製造を失敗することが、許されない状況となる中、クースラたちに鐘の製造の役目が回ってきて……というお話。

いやあ、良かった。錬金術師としてマグダラを目指していたクースラに迷いが生じていく過程が、何とも言えない。大切な人ができたからこその迷いは、時に目を曇らせることもあったけれど、そこで支えとなってくれるのがフェネシスであるという関係が素敵。彼女はいつのまにかたくましくなったよなあ。

そんなふたりなのに、いまだ決定的な言葉を交わしてないというあたりが、まったくもう!言わないし、言わせない、だけど、離れない、離さない。絶妙な距離感でした。

で、最大のピンチを切り抜けたと思ったら、今度は町の中の問題に関わることになり、これがやっかいなのは、「奇跡」に応えてしまったこと、なんですよね。一度やったならば、次やらないことには出し惜しみとしてみられ、持ち上げていた人たちが不満を持つようになると……職人でないにもかかわらず、鐘を製造しなければならない、それも失敗が許されない状態で。

かわそうとして、それができなくなった時、こういう時代だからこその「生贄」という行為が、前に出てきてしまったことが、悔まれてならないよなあ。

いつのまにか、上司たるアイルゼンが良き理解者となって(むろん自分の立場は忘れてないけど)、いくつかの道を示してくれたけれど、結局逃げることができなかったのは、錬金術師であるということよりも、錬金術が好きだと言う思いがあったからで。自分の迷いがどこにあるかを見せてくれたのは、迷いのきっかけとなったフェネシスだったというのが良かった。

まるで最終巻かと思うような展開だったけれど、どうやらまだ話は続くようです。良かった。これからの旅路がどうなっていくのか。二人の関係の変化共々楽しみです。

マグダラで眠れ (5) (電撃文庫) - 支倉凍砂

AdSense

関連記事

世界は悪魔で満ちている? / 相原あきら

マコトがトイレに入ると、目の前には便器に屈みこんでスカートをたくしあげている女の子がいた。でもマコト

記事を読む

羽月莉音の帝国(9) / 至道流星

「どうする、これから?」 「悠長に構えてる余裕はなくなった。体勢を立て直して、一気に突っ切るしか

記事を読む

マルタ・サギーは探偵ですか? a collectiono of s. / 野梨原花南

「じゃ、記憶が戻るまで面倒見るしかないじゃないですか」 「……仕方ないよなぁ……そうだよなぁ。や

記事を読む

まぶらほ 〜デソレイション・エンジェルス〜 / 築地俊彦

凛と夕菜の仲がおかしい。先日の事件が二人の仲に溝を作っていた。 何とかしようと玖里子と和樹は食事会の

記事を読む

グロリアスドーン 6 少女は最果てにいざなう

「ドリルがチェーンソーごときに負けるかよ!」 「その通りです」 冷静なビュートが珍しく感極まった

記事を読む

スイートホームスイート(4) 世界で一番すてきな遺産 / 佐々原史緒

「ヴァチカンはもう動いた」― その言葉を聞いたときから、アデルの様子は尋常じゃなくなった。夜な夜なま

記事を読む

ソードアート・オンライン プログレッシブ(001) / 川原礫

「そんな戦い方してたら、死ぬぞ」 「……どうせ、みんな死ぬのよ」 ゲーム内の死は、現実の死で

記事を読む

天鏡のアルデラミン(6) ねじ巻き精霊戦記

「だいたい天下国家を論じるまでもないんだ。今回のクーデターに横槍を入れる動機なら、もっと

記事を読む

ガンパレード・マーチ episode TWO

士魂号での訓練がようやく始まった。操縦はともかく、ひとつひとつの判断が遅い彼らに対して、善行は言う。

記事を読む

あしたびより 2 真鍮の四肢

魔法の代償に毎日記憶を失う障害を持つルシアを治したいと、研究を続けていたイルクがある日、仮面を被った

記事を読む

AdSense

リーングラードの学び舎より(1)

「義務教育推進計画」で教師を命じられた王国屈指の術式師が、生徒と共に成長していく物語。決して熱い先生ではないのに、読み終わると熱いものが残る。そんな教育のお話でした。築かれる信頼関係が素敵です。→感想

PAGE TOP ↑